日本医療機能評価機構では、「組織への支援」の新たなメニューとして、医療安全文化を定量的に測定する指標の一つである医療安全文化調査を活用した医療安全の推進および質改善の取り組みを支援する、「医療安全文化調査 活用支援(試行)」を行い本年度は約100病院にご協力いただきました。
 本試行について、医療安全文化調査に関する概要および試行参加病院の事例紹介として、「医療安全文化調査 活用支援(試行)報告セミナー」を開催いたします。
 ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
開催日時 2020年2月14日(金)13:30~16:00(13:00より受付開始)
申込期間 2019年12月9日(月)~2020年2月7日(金)または、定員(70名)になり次第
会場
東京都 東京都文京区本郷1-11-14
会場までの地図はこちらをご覧ください。

●最寄駅からのアクセス:
JR総武線 水道橋駅 東口 下車徒歩約6分
都営地下鉄三田線 水道橋駅 A6出口 下車徒歩約3分
東京メトロ丸の内線 後楽園駅 出口3 下車徒歩約5分
東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅 出口2 下車徒歩約5分
都営地下鉄大江戸線 本郷三丁目駅 出口2 下車徒歩約5分
参加費 5,000円/人(税込)
定員 70名
対象 病院の医療安全管理者等
主催
共催
協賛
内容 【プログラム(敬称略)】
①基調講演:医療安全文化調査の意義・活用について
 (東邦大学医学部社会医学講座 藤田 茂)

②試行参加病院の事例報告
 1.川崎市立多摩病院
 2.福岡赤十字病院

③意見交換・質疑応答
        
*プログラムは都合により変更される場合があります。予めご了承ください。

【申込後の手続きについて】
①申込を受付後、申込受付完了のお知らせをメール送信いたします。
②申込を受付後、概ね1週間以内にいただいたメールアドレスへ請求書のご案内をいたします。
  メール送信された案内をご確認のうえ、参加費を指定期日迄に  指定口座へお振込みください。
*入金後の参加費についてはキャンセルされる場合も返金いたしません。予めご了承ください。
③2019年2月10日以降、いただいたメールアドレスに「参加券」をメール送信いたします。
 印刷した参加券を当日ご持参ください。
 ※誤ったメールアドレスを入力されることにより、参加券が届かないケースが
  多発しております。お申込みの際は、メールアドレスが正しいか今一度ご確認を
  お願いいたします。
備考
注意事項 ■希望多数の場合は、1病院あたりの参加人数を制限させていただくことがございます。
■1回のお申し込みにつき登録できる人数は1名様のみです。
 複数名ご参加の場合は、人数分のお申し込み手続きをお願いいたします。
■参加券は参加人数分の印刷をしていただき、お一人様1枚ずつセミナー会場にお持ちください。
■受付開始時間は13:00です。
■資料は当日、受付にて配布いたします。
■セミナー中の録音・録画はご遠慮ください。
■当日のセミナー内容は後日Web配信いたします。 (別途お申し込みが必要です。)
■Web配信は下記よりお申し込みください。
 【Web配信】医療安全文化調査 活用支援(試行)報告セミナー
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

公益財団法人日本医療機能評価機構 評価事業推進部 企画課
TEL:03-5217-2326FAX:03-5217-2331
jq-anzenbunka@jcqhc.or.jp
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17 東洋ビル
https://jcqhc.or.jp/

公益財団法人 日本医療機能評価機構
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町 1-4-17 東洋ビル

Copyright(C) Japan Council for Quality Health Care. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー